タイヤバーストの原因や前兆について解説│東京都三鷹市 車修理

サブページメイン画像

  • HOME
  • 修理
  • タイヤバーストの原因や前兆について解説│東京都三鷹市 車修理

タイヤバーストの原因や前兆について解説│東京都三鷹市 車修理

 タイヤバースト原因や前兆についてご紹介

タイヤのバーストとは何かご存知でしょうか?

「パンクのことでは?」と思われている方もいるのではないでしょうか。バーストとパンクは違い、バーストは起こしてしまうと大事故に繋がりかねません。

今回は、そんなタイヤバースト原因や前兆についてご紹介いたします。

 タイヤがバーストする原因は?

まずはタイヤがバーストする原因についてご紹介。タイヤがバーストしてしまう原因には様々な理由が考えられますが、基本的に以下の3点が考えられます。

1.タイヤの空気圧低下
空気圧が低い状態高速道路などを走行すると、タイヤの表面が波状に変形する「スタンディングウェーブ現象」が発生。これによりタイヤが熱をもち、タイヤの形状を保つためのコードと呼ばれる補強材が破損し、バーストを引き起こしてしまいます。

2.過積載
過積載になるとタイヤに負荷がかかり、重さでタイヤが変形してしまいます。このままの状態で走行し続けると、タイヤに熱が溜まってコードが破損し、バーストを引き起こす原因に。
※トラックだけでなく、乗用車でも発生します。

3.タイヤの劣化
タイヤは紫外線や熱の影響などによって時間とともに硬化し、サイドウォールに筋状のヒビ割れが発生してもろくなります。ヒビ割れが発生した状態で走行を続けると、隙間から水や埃が侵入してタイヤ内部で使われているスチールワイヤーが錆び、タイヤの強度が低下。その弱った部分に走行負荷が加わると、たわみが生じてバーストを引き起こしてしまうのです。


 タイヤがバーストする前兆は?

タイヤのバーストを防ぐためにも、いち早く症状に気づきたいですよね。タイヤがバーストする前兆を知っておけば、早めに車を停車したり修理に出すことができるので、ぜひ覚えておいてください。

【タイヤがバーストする前兆】
・車体が小刻みに振動し、それから大きな振動に変わる
・ヒビ割れ、キズの発生
・タイヤのゴムが焼けるような臭いが発生


走行中にこれらの症状を少しでも感じたら、スタンディングウェーブ現象が起こっているかもしれません。無理をして走行を続けず、安全な路肩へ停車させましょう。


タイヤは経年によって劣化が進むため、劣化を防ぐことはできません。なので走行前のチェックや、定期的な点検が必要不可欠になります。

東京都三鷹市にある みなと自動車工業では、国産車からベンツ・BMW・アウディといった輸入車まで幅広い車種のタイヤ交換に対応。経験豊富なベテランが丁寧かつスピーディーに対応いたしますので、タイヤの点検や交換はお気軽にご相談ください。
>>お問合せはこちら

無料のご相談はこちらからお気軽に
三鷹市 みなと自動車工業

  三鷹市で車のことなら、カーコンビニ俱楽部みなと自動車工業にお任せください

三鷹市にあるカーコンビニ俱楽部みなと自動車工業は、創業65年以上の老舗整備工場。

鈑金塗装や車検、車修理はもちろん、車両販売、保険まで幅広いメニューを取り揃えております。また、国産車だけでなく、ベンツ・フォルクスワーゲン・BMWなどの輸入車も対応可能。

激安のタイヤ交換・バッテリー交換・エアコン修理も行っております。もちろん持ち込みの取付もOK。

お見積りは無料なので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問合せは
0422-45-0151
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

修理の他のページ

カートに
入れる
気になる
お電話
お問合せ
お見積り