エアコンが臭う原因をプロが教えます│東京都三鷹市 車修理

サブページメイン画像

  • HOME
  • 修理
  • エアコンが臭う原因をプロが教えます│東京都三鷹市 車修理

エアコンが臭う原因をプロが教えます│東京都三鷹市 車修理

 車のエアコンが臭うときの原因と対策について

カーエアコンの嫌な臭いの原因は、エアコン内に発生したカビであることが多いです。

カーエアコンのにおい発生の原因は、空気を冷却するための部品「エバポレーター」で発生。エバポレーターはダッシュボードの内部にある部品です。エアコンをつけるたびに嫌な臭いがする場合は、カビが繁殖している可能性が考えられます。

今回は、車のエアコンから嫌な臭いがするときの対処法についてご説明します。

 1、外気の導入付近の清掃

送風モード時ににおいがする場合、外気導入口の汚れが原因として考えられます。

導入口付近を見て汚れている場合には洗浄しましょう。プラスチック製のカバーを外して内部を洗浄するのがオススメです。

 2、カーエアコン用の消臭スプレーを活用

市販の車のエアコン用消臭スプレーは、一時的なにおい対策として有効です。

使い方は、エアコンの吹き出し口にスプレーノズルを差し込み、薬剤を数秒スプレーするだけ。その後、エアコンをつけて10分程度換気します。

ただし、根本的な解決にはならないため、きちんと原因を突き止めて対処することをオススメします。

 3、エアコンフィルターを交換

最も有効なにおい対策は、エアコンフィルターの交換です。

エアコンフィルターがほこりなどで詰まると悪臭が発生しやすくなります。定期的にほこりを吸い取ったり、1~2年ごとに交換することが望ましいです。

 4、エアコンのエバポレーターを洗浄

エバポレーターは、においの原因やカビの温床となりやすいです。

自分で取り外して洗浄することも可能ですが、ダッシュボードを外したり車の内部に触れる必要があるため、プロに依頼することをオススメします。

 5、ラジエーターやウォーターポンプを交換

ラジエーターやウォーターポンプが破損していると、冷却水が漏れて特有の甘いにおいがします。

冷却水はエンジンを冷やすためのもので、ウォーターポンプの力でエンジン内部を循環します。エンジンの熱によって温められた冷却水は、ラジエーターで冷却されます。そのため、冷却水の量が急に減った場合はこれらのパーツが破損している可能性が考えられます。

 東京都三鷹市でエアコン修理なら、みなと自動車工業にお任せください

三鷹市にあるみなと自動車工業は、エアコンガスクリーニングの最新機材を導入! 

創業66年以上の技術と経験で適切なエアコン修理を行います。国産車からベンツ・BMW・アウディなどの輸入車やハイブリット車もOK!エアコンガスクリーニングでドライブをより快適にしませんか?

無料のご相談はこちらからお気軽に
三鷹市 みなと自動車工業

  三鷹市で車のことなら、カーコンビニ俱楽部みなと自動車工業にお任せください

三鷹市にあるカーコンビニ俱楽部みなと自動車工業は、創業65年以上の老舗整備工場。

鈑金塗装や車検、車修理はもちろん、車両販売、保険まで幅広いメニューを取り揃えております。また、国産車だけでなく、ベンツ・フォルクスワーゲン・BMWなどの輸入車も対応可能。

激安のタイヤ交換・バッテリー交換・エアコン修理も行っております。もちろん持ち込みの取付もOK。

お見積りは無料なので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問合せは
0422-45-0151
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

修理の他のページ

カートに
入れる
気になる
お電話
お問合せ
お見積り